トレード手法の概要(トラップトレード(FX))

長らく停止してしまっていたFXトラップトレードについてです・・・。
現在のトレード状況については、以下の新サイトで公開していますが、更新していなかった2016年から2017年中盤までを少しずつ更新していきたいと思います。

新ぽにょのFX投資奮闘記~トラップトレード戦記~

今回は、2015年12月1日にトレード手法を更新いたしましたので、2015年12月1日時点における私のトレード手法(トラップトレード(FX))について、概要を公開いたします。


2015年8月の世界株価暴落により、リスク回避的な姿勢が強まり、トラップトレードでも安全策を取っていましたが、当然トレード成立が少なすぎるため、その対応策を考え、実行しました。

※更新前の戦略は↓で確認できます。
トレード手法の概要(トラップトレード(FX))

まず、なぜトラップトレードを始めたのかについてお話ししますと、元々は『スウィングトレード』をメインとしてましたが、スウィングではトレードできる時期が年間を通してそれほど多くないため、なるべくコンスタントに薄利多売でも利益が出せる戦略を考え出そうとしたのが始まりです。


『トラップトレード』では、一定の値幅毎にトレード(例えば、1円円高が進むたびに買い増しし、1円円安に戻したら決済)しますので、デフォルトしない限り、必ず儲かることになります。

あとは、トレード数を増やして資産回転率を上げることと、配当やスワップのつく銘柄・通貨を選ぶことが利益を上げるポイントとなります。


これからFXのトラップトレードについてご説明します。

FXの戦略は、
スワップの高い通貨を選定し、『買い』で回転させること、に尽きます。

高回転で利益を上げるのが基本ですが、不調時にはスワップで稼ごうという
単純なものです。

そういう訳で、使用通貨はスワップが魅力的な『南アフリカ・ランド』です。

私がトラップトレード(FX)を始めた時に、マネースクウェア・ジャパンさんに口座開設し、トラップリピートイフダン(トラリピ)でトレードするか、かなり迷った記憶があります。

当時、私の予算は30万程度しかなかったことと、トラリピの場合、トレード開始時に設定したレンジ幅を超えてしまった場合に、修正するのが困難だった(全て決済しないといけなかったような・・・)ため、とりあえずは、柔軟にに対応できるよう、手動でやってみようという結論になりました。

当時の2011年5月には、トラリピ以外にはトラップトレード用のシステムはなかったと記憶しておりますし、トラリピに決済トレール機能もなく、(違ったらすみません・・・)トレンド相場に切り替わった時の対応が困難でしたが、現在では、数社からシステムが提供
されていますし、手動にこだわる必要はないように思います。


脱線してしまいましたが、トラップトレードの戦略に戻ると、まず、一番大事なのが、
『レバレッジ』のかけ方です。


トラップトレード開始時に想定していたレンジ幅は往々にして、その時々で変わってしまうからです。

私も、開始時には、レンジ幅の下限を当時の
週足ボリンジャーバンドの-2σである11.12円
に設定していましたが、割とすぐにその下限をブレイクしてしまっています・・・。

このように、想定したレンジ幅の下限をブレイクしてしまうと含み損が膨らみ、身動きが取れなく
なってしまうのが、トラップトレードの一番の恐怖
です。

したがって、レバレッジをどこまでかけるかですが、
どんなに好調な時でも2倍を超えないようにしています。

また、トラップトレードで両建てのポジションを持つかどうか、についてですが、今後は両建てはしないこととしました。

以前は、両建てもやってましたが、売りのポジションは買いのポジションに比べてスワップが圧倒的に不利だからです。
(インヴァスト証券さんのFX24で南アランド円の場合、1万通貨当たり買いスワップ8円に対して、売りスワップは-28円!!

基本的に、うまくいかない時はスワップで稼ぐ戦略ですので、ここが致命的なのです。
実際、両建てしていた今年の前半はスワップの利益が少なく今年不調な理由の一つとなっています・・・。


次に、値幅の設定については、最大保有ポジション数は現在保有の18ポジションのままとし、想定する最悪の円高ケースを5.00円、最好の円安ケースを12.00円とし、その間に均等にトラップを仕掛けることとし、トラップの幅を0.4円としていましたが、この幅では広過ぎてトレード成立が少ないので、0.25円に狭めることしました。

なお、最悪のケースをなぜ5.00円にしたかというと、リーマンショック時の最安値が7.66円だったので、その2/3ということでとりあえず設定しています。

トラップ幅を狭めるにあたり、8.5円、8.25円、8円、7.75円の4つポジションを建てる必要がありましたので、追加入金したうえでポジションを建てました。

追加入金額は、最悪のケースを5円よりも少し厳しめに、4円までの急な円高に耐えられるように4万円(約8円-4円)×4万通貨で16万円を追加入金しました。

以上により、私の保有ポジションは、以下の24個の買いポジションです。

12.16円、12.10円、12.04円、11.98円

11.92円、11.88円、11.86円、11.80円

11.74円、11.68円、11.62円、11.50円

11.38円、11.15円、11.00円、10.85円

10.70円、9.917円、 9.00円、 8.60円

 8.50円、 8.25円、 8.00円、 7.75円


とりあえずは、円高のものから順番に0.25円で決済していくようにします。

最終的には10円を超えるポジションも利益確定、または損切りをしますが、とりあえずは無視してOKです。


以上、読んでくださった方、どうもありがとうございました!!



■インヴァスト証券様の『トライオートFX』
(既存のシステムの選択も、自分で注文設定もOK!自由度高し!)
 ※私のトラップトレードも、最終的には、現在FX24で保有するポジションの清算を行い、資産を同じインヴァスト証券のトライオートFX口座に移し自動発注機能を使って快適にトラップトレードを行いたいと考えています。


トライオートFX


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援よろしくお願いいたします!!


皆さんからの応援がブログ運営の励みになるので、よろしければクリックしてください。



にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村



FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ



FC2 Blog Ranking



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

FXスウィングトレードの根拠(2017/1/1~2017/12/28)

またまた久しぶりの更新となります。
今回は、前回の続きで、今年のFXスウィングトレードの結果です。


12月28日までに、以下の注文が約定しました。

2017/1/25
  ・NZドル/円(決済)
   82.5円   1000通貨(買い)

           (+32,124円)

2017/1/27
  ・豪ドル/円(決済)
   86.7円   1000通貨(買い)

           (+17,083円)

2017/4/11
  ・米ドル/円(決済)
   110.0円   1000通貨(買い)

           (+4,635円)

2017/5/8
  ・ユーロ/ドル(決済)
   1.10127円   1000通貨(売り)

           (+6,140円)

2017/6/28
  ・ユーロ/ドル(決済)
   1.13500円   1000通貨(売り)

           (+5,046円)

2017/7/12
  ・ユーロ/ドル(決済)
   1.14500円   1000通貨(売り)

           (+3,858円)

2017/7/14
  ・豪ドル/円(決済)
   87.9円   1000通貨(売り)

           (+20,705円)

2017/7/20
  ・ユーロ/ドル(決済)
   1.16500円   1000通貨(売り)

           (-1,985円)

2017/9/19
  ・ユーロ/円
   133.2円   1000通貨(売り)


2017/9/22
  ・ユーロ/円
   134.2円   1000通貨(売り)


2017/10/9
  ・南アフリカランド/円
   8.15円   1,2000通貨(買い)


2017/10/20
  ・米ドル/円
   113.5円   2000通貨(売り)


2017/10/26
  ・南アフリカランド/円
   8.0円   1,0000通貨(買い)


2017/10/30
  ・NZドル/円
   78.0円   1000通貨(買い)


2017/12/18
  ・南アフリカランド/円(決済)
   8.646円   1,0000通貨(売り)

           (+6,934円)

2017/12/28
  ・南アフリカランド/円(決済)
   9.2円   1,2000通貨(売り)

           (+13,470円)

         
根拠は以下のとおりです。

2017/1/25
 NZドル/円(売り)
  ・日足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・週足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34週平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり

2017/1/27
 豪ドル/円(売り)
  ・日足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇

2017/4/11
 米ドル/円(買い)
  ・日足ボリンジャーバンド-2σ付近まで下落
  ・34日平均線の下方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド-2σ付近まで下落

2017/5/8
 ユーロ/ドル(売り)
  ・日足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34日平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇

2017/6/28
 ユーロ/ドル(売り)
  ・週足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34週平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり

2017/7/12
 ユーロ/ドル(売り)
  ・日足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34日平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34週平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり

2017/7/14
 豪ドル/円(売り)
  ・日足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34日平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34週平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり

2017/7/20
 ユーロ/ドル(売り)
  ・日足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34日平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34週平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり

2017/9/19
 ユーロ/円(売り)
  ・日足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34日平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34週平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり

2017/9/22
 ユーロ/円(売り)
  ・日足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34日平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34週平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり

2017/10/9
 南アフリカランド/円(買い)
  ・日足ボリンジャーバンド-2σ付近まで下落
  ・34日平均線の下方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド-2σ付近まで下落

2017/10/20
 米ドル/円(売り)
  ・日足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34日平均線の下方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇

2017/10/26
 南アフリカランド/円(買い)
  ・日足ボリンジャーバンド-2σを超えて下落
  ・34日平均線の下方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド-2σを超えて下落
  ・34週平均線の下方に位置し、ある程度の乖離幅あり

2017/10/30
 NZドル/円(買い)
  ・日足ボリンジャーバンド-2σを超えて下落
  ・34日平均線の下方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド-2σを超えて下落

2017/12/18
 南アフリカランド/円(売り)
  ・日足ボリンジャーバンド+2σを超えて上昇
  ・34日平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34週平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり

2017/12/28
 南アフリカランド/円(売り)
  ・日足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34日平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド+2σを超えて上昇
  ・34週平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり

※スィングトレードの戦略は↓で確認できます。
トレード手法の概要(スウィングトレード)



今年は前半に、主にNZドル円、豪ドル円、ユーロドルの決済を行い、中盤で米ドル円、ユーロ円、南アフリカランド円等でエントリーし、12月に南アフリカランド円を決済しました。

今年の為替市場の動きとしては、前半は新しく発足したトランプ大統領政権への期待からリスク選好的で、中盤に北朝鮮問題への緊張からリスク回避的に変わり、後半は特段理由はないと思いますがリスク選好的な流れに回帰しています。
スウィングトレードとしては、いつもどおり4つのスウィングトレードルールを満たすように逆張りトレードをしていますが、相変わらずなかなかの精度でトレードできていると思います。(自画自賛ですみません(笑))

来年のポイントといては、まだ利益確定できていない数年前に11円台で建てた南アフリカランド円の買いポジションを決済できるか、と今年の中盤に建てた米ドル円とユーロ円の売りポジションを決済できるか、になると思います。

以前にも書きましたが、スワップポイントを重視する観点からスウィングトレードで使用する口座を『外為どっとコム』さんから、タイミングを見て『SBI FXトレード』さんに移行しようと考えています。

いま保有しているポジションをスムーズに決済できたら来年前半にも移行できればいいな、と思いますが、さあ、どうなることやら・・・。


SBI FXTRADE

以上、読んでくださった方、どうもありがとうございました!!


なお、FXの現在のトラップトレードについては、以下の新ブログに書いておりますので、興味のある方はぜひご覧ください!!
新ぽにょのFX投資奮闘記~トラップトレード戦記~


2017年の累計利益(FX)  :112,500円
(現時点における年間収益率 -%

2017年の累計利益(日本株式):0円
(現時点における年間収益率  -%)

2017年の累計利益(合計)  :112,500円
(現時点における年間収益率 -%

【参考】2016年の累計利益(FX)  :11,016円
(年間収益率 ‐%)
【参考】2016年の累計利益(日本株式):0円
(年間収益率  ‐%)
【参考】2016年の累計利益(合計)  :11,016円
(年間収益率 ‐%)

【参考】2015年の累計利益(FX)  :30,799円
(年間収益率 1.31%)
【参考】2015年の累計利益(日本株式):39,844円
(年間収益率  3.07%)
【参考】2015年の累計利益(合計)  :70,643円
(年間収益率 1.94%)

【参考】2014年の累計利益(FX)  :160,397円
(年間収益率 9.30%)
【参考】2014年の累計利益(日本株式):163,348円
(年間収益率  17.36%)
【参考】2014年の累計利益(合計)  :323,745円
(年間収益率 12.14%)

【参考】2013年の累計利益(FX)  :146,522円
(年間収益率 9.11%)
【参考】2013年の累計利益(日本株式):365,758円
(年間収益率  53.36%)
【参考】2013年の累計利益(合計)  :512,280円
(年間収益率 22.33%)

【参考】2012年の累計利益(FX)  :133,349円
(年間収益率 10.14%)
【参考】2012年の累計利益(日本株式):-5,592円
(年間収益率  -0.75%)
【参考】2012年の累計利益(合計)  :127,757円
(年間収益率 6.20%)

【参考】2011年の累計利益(FX)  :167,627円
(年間収益率 14.60%)
【参考】2011年の累計利益(日本株式):53,798円
(年間収益率  9.20%)
【参考】2011年の累計利益(合計)  :221,425円
(年間収益率 12.78%)

【参考】2010年の累計利益(FX)  :88,993円
(年間収益率 31.70%)
【参考】2010年の累計利益(日本株式):44,783円
(年間収益率  9.72%)
【参考】2010年の累計利益(合計)  :133,776円
(年間収益率 18.04%)

【参考】2009年の累計利益(FX)  :-122,242円
(年間収益率 -41.71%)
【参考】2009年の累計利益(日本株式): -30,021円
(年間収益率  -7.89%)
【参考】2009年の累計利益(合計)  :-152,263円
(年間収益率 -22.60%)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援よろしくお願いいたします!!

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるので、よろしければクリックしてください。

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スウィングトレードの根拠(FX)

相当久しぶりの更新となります。
更新は久しぶりですがトレード自体は引き続き行っていますので、何から書くか迷うところですが、まずは去年のスウィングトレードの結果からいこうと思います。


去年の12月までに、以下の注文が約定しました。

2016/10/13
  ・ユーロ/ドル
   1.1円   1000通貨(買い)


2016/10/27
  ・米ドル/円
   105.0円   2000通貨(売り)


2016/11/9
  ・米ドル/円(決済)
   102.0円   1000通貨(買い)

           (+2,961円)

2016/11/10
  ・米ドル/円
   105.0円   1000通貨(売り)


2016/11/10
  ・米ドル/円
   106.5円   1000通貨(売り)


2016/11/14
  ・ユーロ/ドル
   1.08円   1000通貨(買い)


2016/11/18
  ・米ドル/円
   110.0円   1000通貨(売り)


2016/12/9
  ・米ドル/円
   115.0円   1000通貨(売り)


2016/12/15
  ・ユーロ/ドル
   1.04円   1000通貨(買い)


         
根拠は以下のとおりです。

2016/10/13
 ユーロ/ドル(買い)
  ・日足ボリンジャーバンド-2σ付近まで下落
  ・34日平均線の下方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド-2σ付近まで下落
  ・34週平均線の下方に位置し、ある程度の乖離幅あり

2016/10/27
 米ドル/円(売り)
  ・日足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34日平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇

2016/11/9
 米ドル/円(買い・決済)
  ・日足ボリンジャーバンド-2σ付近まで下落

2016/11/10
 米ドル/円(売り)
  ・週足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇

2016/11/10
 米ドル/円(売り)
  ・日足ボリンジャーバンド+2σを超過して上昇
  ・34日平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド+2σを超過して上昇

2016/11/14
 ユーロ/ドル(買い)
  ・日足ボリンジャーバンド-2σ付近まで下落
  ・34日平均線の下方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド-2σ付近まで下落
  ・34週平均線の下方に位置し、ある程度の乖離幅あり

2016/11/18
 米ドル/円(売り)
  ・日足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34日平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド+2σを超過して上昇
  ・34週平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり

2016/12/9
 米ドル/円(売り)
  ・日足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34日平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇
  ・34週平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり

2016/12/15
 ユーロ/ドル(買い)
  ・日足ボリンジャーバンド-2σを超過して下落
  ・34日平均線の下方に位置し、ある程度の乖離幅あり
  ・週足ボリンジャーバンド-2σを超過して下落
  ・34週平均線の下方に位置し、ある程度の乖離幅あり



※スィングトレードの戦略は↓で確認できます。
トレード手法の概要(スウィングトレード)



昨年の中盤以降に、米ドル円とユーロドルでエントリーしました。
(一部、決済もしていますが)

一年程前のことなので、正直、記憶があやふやな部分もありますが、米国でトランプ氏とクリントン氏が大統領選を繰り広げ、円とユーロに対して強烈にドル高が進んでいくトレンド相場の中で、逆張りのポジションを取っております。


トレードから一年後に当時を振り返ってみて、やはり思うのは、自分のスウィングトレードのルール4つを満たす逆張りトレードの精度の高さはなかなかのもんだということです(自画自賛ですみません(笑))

厳密には、2017年のトレードの結果をまだ書いていないわけですが、ユーロドルは今年に入ってユーロ高に反転しており、去年の逆張りポジションは全て利益確定しています。

ここ最近、為替相場をウォッチする時間もなかなか取れない日が続いていますが、極力継続すべきなんだなと痛感しました(笑)

そこで、今後の見通しについてですが、現在、スウィングトレードは『外為どっとコム』さんの口座で行っていますが、タイミングを見て『SBI FXトレード』さんに移行しようと考えています。

というのも、スウィングトレードでは数か月ポジションを持ち続けることもざらなので、スワップポイントを重視したいからです。
特にスワップポイントの高い南アフリカランド円を1万通貨の買いポジションを持った場合、『外為どっとコム』さんでは一日10円ですが、『SBI FXトレード』さんでは14円と、倍近く差があります。(記事執筆時点)

今回、スウィングトレードの精度の高さは確認できましたし、仮に失敗して塩漬けになった場合にも『SBI FXトレード』さんの高いスワップポイントで復活できると安心できますね!


SBI FXTRADE

以上、読んでくださった方、どうもありがとうございました!!


なお、FXの現在のトラップトレードについては、以下の新ブログに書いておりますので、興味のある方はぜひご覧ください!!
新ぽにょのFX投資奮闘記~トラップトレード戦記~


2016年の累計利益(FX)  :11,016円
(現時点における年間収益率 -%

2016年の累計利益(日本株式):0円
(現時点における年間収益率  -%)

2016年の累計利益(合計)  :11,016円
(現時点における年間収益率 -%

【参考】2015年の累計利益(FX)  :30,799円
(年間収益率 1.31%)
【参考】2015年の累計利益(日本株式):39,844円
(年間収益率  3.07%)
【参考】2015年の累計利益(合計)  :70,643円
(年間収益率 1.94%)

【参考】2014年の累計利益(FX)  :160,397円
(年間収益率 9.30%)
【参考】2014年の累計利益(日本株式):163,348円
(年間収益率  17.36%)
【参考】2014年の累計利益(合計)  :323,745円
(年間収益率 12.14%)

【参考】2013年の累計利益(FX)  :146,522円
(年間収益率 9.11%)
【参考】2013年の累計利益(日本株式):365,758円
(年間収益率  53.36%)
【参考】2013年の累計利益(合計)  :512,280円
(年間収益率 22.33%)

【参考】2012年の累計利益(FX)  :133,349円
(年間収益率 10.14%)
【参考】2012年の累計利益(日本株式):-5,592円
(年間収益率  -0.75%)
【参考】2012年の累計利益(合計)  :127,757円
(年間収益率 6.20%)

【参考】2011年の累計利益(FX)  :167,627円
(年間収益率 14.60%)
【参考】2011年の累計利益(日本株式):53,798円
(年間収益率  9.20%)
【参考】2011年の累計利益(合計)  :221,425円
(年間収益率 12.78%)

【参考】2010年の累計利益(FX)  :88,993円
(年間収益率 31.70%)
【参考】2010年の累計利益(日本株式):44,783円
(年間収益率  9.72%)
【参考】2010年の累計利益(合計)  :133,776円
(年間収益率 18.04%)

【参考】2009年の累計利益(FX)  :-122,242円
(年間収益率 -41.71%)
【参考】2009年の累計利益(日本株式): -30,021円
(年間収益率  -7.89%)
【参考】2009年の累計利益(合計)  :-152,263円
(年間収益率 -22.60%)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援よろしくお願いいたします!!

皆さんからの応援がブログ運営の励みになるので、よろしければクリックしてください。

にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村


FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ


FC2 Blog Ranking

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

新ブログを開設しました!!

こんばんは。
今後のFXのトラップトレードについては、以下のブログで詳細を書いていくことにしますので、興味ある方はぜひチェックしてください!

新ぽにょのFX投資奮闘記~トラップトレード戦記~



結局、これまでと同様にインヴァスト証券の手動のトラップトレードを継続していき、高値掴みしたポジションを無事解消できたら、トライオートFXで自動注文によるトレードに移行したいと考えています。

なお、本ブログでは、過去のトレードで保有したポジションを全て決済する過程を書いていきたいと思いますので、併せてチェックしていただけると幸いです。


以上、読んでくださった方、どうもありがとうございました!!


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援よろしくお願いいたします!!


皆さんからの応援がブログ運営の励みになるので、よろしければクリックしてください。



にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村



FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ



FC2 Blog Ranking



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

更新が滞っていますが…

随分と更新しておらず、すみません…。
更新は出来ていませんでしたが、トレード自体は現在進行形で行っていますので、本業が一旦落ち着いたら、また更新していこうと思います。

現在では、日本株式のスウィングトレード、FXのスウィングトレード、日本株式のトラップトレードの取引量を減らし、FXのトラップトレードをメインとしています。

今回のように、本業が忙しい時にも負担にならないように、いずれはトライオートやループイフダンのようなシステムトレードに移行することを検討していますが、現在の課題は、以前から継続しているインヴァスト証券の手動のトラップトレードを終了させることです。
含み損がかなりの額ありますので、全部を損切りするべきか、リカバリーを図るか、頭を悩ませているところです。

もう少し頭を整理してから更新したいと思いますので、こうご期待!!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援よろしくお願いいたします!!


皆さんからの応援がブログ運営の励みになるので、よろしければクリックしてください。



にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ
にほんブログ村



FXトラップトレード(トラップリピート) ブログランキングへ



FC2 Blog Ranking



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
最新記事
にほんブログ村 為替ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
スポンサードリンク
プロフィール

★☆ぽにょ☆★

Author:★☆ぽにょ☆★
リーマンショック後の平成21年1月からFXと日本株式のスウィングトレードを始めました。
初めの半年間で大きく負け越したものの、その後は順調に取り返しています。
その後、トラップトレードも取り入れ、年間利益100万円をめざし、日々奮闘しています!!

トレード戦略の概要
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トータル戦略)
スウィングトレード戦略の概要
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(スウィングトレード)
トラップトレード戦略の概要(FX)
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トラップトレード(FX))
トラップトレード戦略の概要(日本株式)
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トラップトレード(日本株式))
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる