本日のマーケット動向(7/29)

逆張りスイングトレードにおける明日のおすすめスタンス
   ・新規注文:様子見を推奨(FX)
          様子見を推奨(日本株式)

   ・決済注文:様子見を推奨(FX)
          様子見を推奨(日本株式)


本日(7/29)発表の重要経済指標は以下の1つです。

  ・(NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレート
        →現行の2.75%から0.25%引き上げを決定


ニュージーランド準備銀行が利上げを発表しました。
結果は市場関係者の予想通りでしたが、さらなる
利上げのペースと幅が緩やかになる可能性を示した
ため、追加の利上げ観測が後退し、NZドルが下落
気味に推移しています。


本日は、全体的に昨日夜時間あたりから始まった
リスク回避の流れが継続しています。

特に、米ドル、加ドルが相変わらず弱く、34日
平均線を大きく下回っています。
次点では、追加の利上げ観測が後退したNZドルが
弱く、34日平均線ギリギリのところで激しい攻防戦を
繰り広げています。

現時点では、一時的な価格調整なのか、これまでと
同様に中期下落トレンド継続なのか判断が難しい
ところです。

基本的には、日足チャートで直近の高値・安値を共に
切り上げながら上昇している資源国通貨・欧州系通貨
では一時的な価格調整、34日平均線を上抜けていない
北米系通貨では中期下落トレンド継続と考えるのが妥当
だと思いますので、それぞれの中期トレンドを基に投資
戦略を立てるべきでしょう。

僕は、ファンダメンタルズの割に弱い加ドルと、つい昨日
に利益確定を行ったNZドルを逆張りの買いで仕入れよう
かと企んでいます。

加ドルは弱いので、日足ボリンジャー-2σを割り込んだ
あたりでエントリーかと思いますし、NZドルは比較的
強いので、日足ボリンジャー-1σ付近でエントリーかと
思います。



なお、日経平均についても、円高とNYダウの下落を
受けて、明日は100円程度下げるでしょう。

中期的なトレンドとしては、確実に高値を切り下げて
いることから、下落トレンド継続と思われます。

しかがって、日足ボリンジャー-2σを割り込む
までは様子見の局面かな、と思います。



なお、明日発表の重要経済指標は特にありません。




以上、読んでくださった方、どうもありがとうございました!!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援よろしくお願いいたします!!


皆さんからの応援がブログ運営の励みになるので、よろしければクリックしてください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントの投稿

非公開コメント

FX業者さんのご紹介
◆DMM.COM証券            FX取引高:世界第2位 口座開設数:国内第1位 みんなに愛されているのが決め手!                      ◆SBI FXトレード           米ドル円が0.27銭という前代未聞のスプレッド水準は魅力的!                ◆インヴァスト証券          裁量FX&シストレのいいとこ取りができる『トライオート』が魅力的!                    ◆FXプライム byGMO      最大約12年分のチャートから将来の値動きを予測する『ぱっと見テクニカル』が魅力的!
『SBIFXトレード』のご紹介
FXの口座開設を考えてらっしゃる方にご朗報です! SBI FXトレードさんで口座開設キャンペーンを実施しています。 口座開設者全員へ500円キャッシュバック!!
『トライオート』のご紹介
【トライオートとは?】 裁量FX&シストレのいいとこ取りができるあたらしいFX、それがトライオートです!
おすすめの業者一覧
低コストを実現している業者です。
最新記事
にほんブログ村 為替ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール

★☆ぽにょ☆★

Author:★☆ぽにょ☆★
リーマンショック後の平成21年1月からFXと日本株式のスウィングトレードを始めました。
初めの半年間で大きく負け越したものの、その後は順調に取り返しています。
その後、トラップトレードも取り入れ、年間利益100万円をめざし、日々奮闘しています!!

トレード戦略の概要
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トータル戦略)
スウィングトレード戦略の概要
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(スウィングトレード)
トラップトレード戦略の概要(FX)
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トラップトレード(FX))
トラップトレード戦略の概要(日本株式)
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トラップトレード(日本株式))
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる