本日のマーケット動向(10/19)

逆張りスイングトレードにおける明日のおすすめスタンス
   ・新規注文:様子見を推奨(FX)
          様子見を推奨(日本株式)

   ・決済注文:様子見を推奨(FX)
          様子見を推奨(日本株式)


※10/20 午前1:00時点での分析結果です。

本日(10/19)発表の重要経済指標は以下1つです。

 ・(加) 加中銀政策金利発表
      →(結果)現行の1.00%に据置きを決定



さすがに本日発表のカナダの政策金利発表では
サプライズはなく、現行のまま据置となりました。
発表直後に反発していますが、現時点では特に
意味はないようです。

本日は全体的に円とドルが強く買われています。

ファンダメンタルズ的な要因は、中国で利上げを
行ったことと米国で発表された住宅着工件数の
結果がエコノミストの予想中央値を上回ったこと
です。

特に、中国の利上げは世界で数少ない成長センター
である中国の成長を妨げる可能性があることから
当然の如くリスク回避の姿勢が強まっています。

テクニカル的にも、長い間にわたって膠着した
後に円高トレンドが発生したこと、また、13日、
34日平均線のデッドクロスが確定しそうな通貨
ペアが多いことから、すぐには逆張りせず、十分
に様子見をしたうえで判断したいところです。

おそらくは、8月下旬または9月上旬につけた円の
高値は更新せず、ダブル底を描いて今後の円安トレ
ンドにつながっていくことになると予想しています。


なお、日経平均については、CMEの日経平均先物
、および、NYダウから察するに、明日は9550円
付近で寄り付くと思われます。

テクニカル的には、本日も5日平均線を上回って引けて
いますので、短期上昇トレンドは継続中ではありますが、
為替相場でリスク回避の姿勢が強まっていますので、
日経平均もどちらかといえば下落しやすいと思われます。

また、ボリンジャーバンドの幅も狭まっているため、
トレンドが出るまでじっくり待つ方が賢明だと思います。



なお、明日発表の重要経済指標は特にありません。





以上、読んでくださった方、どうもありがとうございました!!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援よろしくお願いいたします!!


皆さんからの応援がブログ運営の励みになるので、よろしければクリックしてください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




FC2 Blog Ranking


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントの投稿

非公開コメント

FX業者さんのご紹介
◆DMM.COM証券            FX取引高:世界第2位 口座開設数:国内第1位 みんなに愛されているのが決め手!                      ◆SBI FXトレード           米ドル円が0.27銭という前代未聞のスプレッド水準は魅力的!                ◆インヴァスト証券          裁量FX&シストレのいいとこ取りができる『トライオート』が魅力的!                    ◆FXプライム byGMO      最大約12年分のチャートから将来の値動きを予測する『ぱっと見テクニカル』が魅力的!
『SBIFXトレード』のご紹介
FXの口座開設を考えてらっしゃる方にご朗報です! SBI FXトレードさんで口座開設キャンペーンを実施しています。 口座開設者全員へ500円キャッシュバック!!
『トライオート』のご紹介
【トライオートとは?】 裁量FX&シストレのいいとこ取りができるあたらしいFX、それがトライオートです!
おすすめの業者一覧
低コストを実現している業者です。
最新記事
にほんブログ村 為替ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール

★☆ぽにょ☆★

Author:★☆ぽにょ☆★
リーマンショック後の平成21年1月からFXと日本株式のスウィングトレードを始めました。
初めの半年間で大きく負け越したものの、その後は順調に取り返しています。
その後、トラップトレードも取り入れ、年間利益100万円をめざし、日々奮闘しています!!

トレード戦略の概要
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トータル戦略)
スウィングトレード戦略の概要
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(スウィングトレード)
トラップトレード戦略の概要(FX)
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トラップトレード(FX))
トラップトレード戦略の概要(日本株式)
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トラップトレード(日本株式))
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる