本日のマーケット動向(11/3)

逆張りスイングトレードにおける明日のおすすめスタンス
   ・新規注文:様子見を推奨(FX)
          様子見を推奨(日本株式)

   ・決済注文:様子見を推奨(FX)
          様子見を推奨(日本株式)


※11/4 午前1:30時点での分析結果です。

本日(11/3)発表の重要経済指標は特にありません。


本日は、米国で発表されたADP全国雇用者数、および、
ISM非製造業景況指数がエコノミストの予想中央値を
大きく上回ったためリスク選好的な姿勢が強まっており、
円が大きく売られる展開となっています。
また、数時間後に控えたFOMCに対する期待もある
のかもしれません。

その結果、テクニカル的には円絡みの通貨ペアのほとんど
が短期トレンドが円安トレンドに転換しています。

特に、NZドル円は9月、10月に付けていた高値を
更新し、今後、中期トレンドも上昇に転換する可能性も
あります。

基本的には、FOMCと米国雇用統計といったイベントが
控えており、その結果によっては今の短期トレンドが再び
変わってしまうことは十分考えられますので、投資戦略
としては様子見がベターと考えます。

ここ最近に発表された米国の経済統計は比較的良好な
ものが多かったことからFOMCでそれほどの緩和策が
取られなかったとしても米ドルが大きく売られることは
ないような気がしており、中間選挙と同様に意外と相場に
影響を与えないのかもしれないと考えています。

ファンダメンタルズ的なことは考えても仕方がないので
僕は淡々と様子見を決め込むこととします。



なお、日経平均については、CMEの日経平均先物、
および、NYダウから察するに、明日は9250円
付近で寄り付くと思われます。

為替が円安傾向なので、このままいけば日経平均も
上昇トレンドに転換する可能性が高いと思います。
しかし、FOMCの結果次第なので、現時点での
予想はあくまで参考程度ですね。

また、明日と明後日には日銀金融政策決定会合が
開かれ、FOMCの量的緩和策に対抗して日本での
政策を決定するものと思われますので、今後に予測は
なかなか難解です…。

FOMCの結果発表後に円高圧力が弱まる可能性が
高いと考えていますし、7~9月期の決算がおおむね
良好であった割に日経平均がほとんど上昇していない
ため、上昇する可能性が高いと考えています。

さあ、どうなることやら…??


なお、明日発表の重要経済指標は以下の1つです。

 ・(米) FOMC政策金利発表

 ・(英) BOE政策金利発表

 ・(EU) 欧州中銀金融政策発表


以上、読んでくださった方、どうもありがとうございました!!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援よろしくお願いいたします!!


皆さんからの応援がブログ運営の励みになるので、よろしければクリックしてください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




FC2 Blog Ranking


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
にほんブログ村 為替ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
スポンサードリンク
プロフィール

★☆ぽにょ☆★

Author:★☆ぽにょ☆★
リーマンショック後の平成21年1月からFXと日本株式のスウィングトレードを始めました。
初めの半年間で大きく負け越したものの、その後は順調に取り返しています。
その後、トラップトレードも取り入れ、年間利益100万円をめざし、日々奮闘しています!!

トレード戦略の概要
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トータル戦略)
スウィングトレード戦略の概要
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(スウィングトレード)
トラップトレード戦略の概要(FX)
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トラップトレード(FX))
トラップトレード戦略の概要(日本株式)
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トラップトレード(日本株式))
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる