本日のトレードの根拠(8/4、5)

以下の注文が約定しました。


8/4
  ・日経225連動投信(2口)      9,770円(買い)

  ・双日(200株)             150円(買い)

  ・みずほフィナンシャルG(100株)    128円(買い)


8/5
  ・ユーロ/円(決済)   111.10円   1,000通貨(売り)
                        (+67円

  ・豪ドル/円        82.58円   1,000通貨(買い)




日経225連動投信・双日・みずほフィナンシャルG

  ・日足ボリンジャーバンド-2σ付近まで下落




ユーロ/円(売り)

  ※テクニカル的な根拠はなし。



豪ドル/円(買い)

  ・週足ボリンジャーバンド-2σ付近まで下落

  ・日足ボリンジャーバンド-2σ付近まで下落

  ・34日平均線より下方にあり、ある程度乖離幅あり



8/4、8/5は、上記のトレードが成立しました。

ただし、今回のトレードについては、テクニカル的な
裏付けに乏しいものですので、上手くいかない可能性が
少なからずあると思います。

まず、ファンダメンタルズ的には、8/2に、米国で
債務上限引き上げに関し、法案が通過したことで
一段落つきました。

しかし、株価市場、為替市場の反応はイマイチであり、
むしろ円高株安のリスク回避的な動きが止まることは
ありませんでした。

そこで、8/4午前に日本政府による為替介入が実施
され、米ドル/円で一時、80円を超える水準まで
円安が進みました。

その為替介入を確認し、日経平均の上げが甘かった
ことから、後場に入って即座に『日経225連動投信』、
『双日』、『みずほフィナンシャルG』を買えるだけ
買ったというわけです。

したがって、テクニカル的な根拠は、日足ボリンジャー
バンド-2σ付近まで下落していた、という程度のもの
しかありません。

しかし、結果としては、日本政府による為替介入にも
かかわらず、その日のNY時間にはダウが500円を
超える大暴落となり、為替市場においても、米ドル円
以外の通貨ペアにおいては介入前の水準近くまで円高が
進んでおり、その不安定な状況の下で米国雇用統計発表を
夜に控えることとなりました。

そこで、その結果が悪かった際のリスクヘッジとして、
念のためにユーロ円を1000通貨のみ、エントリー時と
同じ価格で手仕舞いしました。

したがって、このトレードにはテクニカル的な根拠は
特にありません。
『マーケットに売らされた』というのが正直なところ
です…。

個人的には、今回の円高株安は一時的なものであり、
仮に今後、さらにリスク回避の動きが継続したとしても、
例えば、イタリア等のデフォルト、中国共産党による
一党体制の崩壊、第三次世界大戦勃発といったような
サプライズ性のある悪材料が出てこない限り、大した
ことはないと考えていますが、レバレッジをかけている
以上、ある程度のリスク回避は避けられないところです…。

その後発表された米国雇用統計において、エコノミストの
予想中央値よりもいい結果となりましたので、高金利の割り
に週足ボリンジャーバンド-2σ付近まで下落している
豪ドル/円を買い増ししました。


今回の暴落局面を振り返ってみて、自分のトレードについて
考え直したことがあります。

いま、僕のFX口座全体では、約6倍のレバレッジを
かけた取引をしていますが、そのことは、現時点の為替
水準から約13%ほど円高になると強制ロスカットを
食らってしまうことを意味しています。
 (レバレッジ6倍:口座残高÷保有ポジションの総代金
          =1/6=17%
  強制ロスカット水準:レバレッジ25倍=1/25
                    =4%
  よって 17%-4%=約13%)

ここで、13%の円高というと、米ドル円では約68円、
豪ドル円では約71円、南アランド円では約10円と
いったように、何か不測の事態が起こればあっさりと
割り込んでしまってもおかしくない水準となっています。

したがって、今後の課題は口座全体のレバレッジを下げる
こととしていきたいです。
通常時はレバレッジ3倍未満程度とし、今回のような
暴落局面ではレバレッジ4~5倍程度まで逆張りで
買いを入れれるようにする、といったルールで運用
してみようかと思います。

レバレッジ3倍であれば、強制ロスカットまで約30%
程度の余力がありますので、万が一の場合でも耐え
しのげるのではないかと思います。


今回の暴落局面では、マーケットに売らされた結果に
なってしまいましたが、レバレッジについて考える
機会を持てたので、良しとしたいと思います。

怪我の功名というヤツですね☆



以上、読んでくださった方、どうもありがとうございました!!



2011年の累計利益(FX)  :65,719円
(現時点における年間収益率 7.24%

2011年の累計利益(日本株式):44,892円
(現時点における年間収益率  8.89%)

2011年の累計利益(合計)  :110,611円
(現時点における年間収益率 7.83%




【参考】2010年の累計利益(FX)  :88,993円
(年間収益率 31.70%)

【参考】2010年の累計利益(日本株式):44,783円
(年間収益率  9.72%)

【参考】2010年の累計利益(合計)  :133,776円
(年間収益率 18.04%)


【参考】2009年の累計利益(FX)  :-122,242円
(年間収益率 -41.71%)

【参考】2009年の累計利益(日本株式): -30,021円
(年間収益率  -7.89%)

【参考】2009年の累計利益(合計)  :-152,263円
(年間収益率 -22.60%)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援よろしくお願いいたします!!


皆さんからの応援がブログ運営の励みになるので、よろしければクリックしてください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




FC2 Blog Ranking








☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


おすすめキャンペーン


いきなりお金を使ってトレードするのは怖い、という方に
オススメなのは、まずはデモ口座で練習することです。

注文方法の確認や資金管理などについて、ノーリスクで
学ぶことが出来てについてオススメです。
(以下のバナーからデモ口座の開設が可能です)





そして、ある程度トレードの慣れたら以下から本口座を開設できます。
(キャッシュバックキャンペーンもあります!)


コメントの投稿

非公開コメント

FX業者さんのご紹介
◆DMM.COM証券            FX取引高:世界第2位 口座開設数:国内第1位 みんなに愛されているのが決め手!                      ◆SBI FXトレード           米ドル円が0.27銭という前代未聞のスプレッド水準は魅力的!                ◆インヴァスト証券          裁量FX&シストレのいいとこ取りができる『トライオート』が魅力的!                    ◆FXプライム byGMO      最大約12年分のチャートから将来の値動きを予測する『ぱっと見テクニカル』が魅力的!
『SBIFXトレード』のご紹介
FXの口座開設を考えてらっしゃる方にご朗報です! SBI FXトレードさんで口座開設キャンペーンを実施しています。 口座開設者全員へ500円キャッシュバック!!
『トライオート』のご紹介
【トライオートとは?】 裁量FX&シストレのいいとこ取りができるあたらしいFX、それがトライオートです!
おすすめの業者一覧
低コストを実現している業者です。
最新記事
にほんブログ村 為替ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール

★☆ぽにょ☆★

Author:★☆ぽにょ☆★
リーマンショック後の平成21年1月からFXと日本株式のスウィングトレードを始めました。
初めの半年間で大きく負け越したものの、その後は順調に取り返しています。
その後、トラップトレードも取り入れ、年間利益100万円をめざし、日々奮闘しています!!

トレード戦略の概要
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トータル戦略)
スウィングトレード戦略の概要
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(スウィングトレード)
トラップトレード戦略の概要(FX)
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トラップトレード(FX))
トラップトレード戦略の概要(日本株式)
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トラップトレード(日本株式))
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる