スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のトレードの根拠(2/27、29)

以下の注文が約定しました。


2/27
  ・三菱UFJフィナンシャル・グループ(決済)
                   425円    100株
                        (+300円


  ・ポンド/円(決済)    129.40円   1,000通貨(売り)
                        (+464円

    ※ 決済ポジションをエントリーした際の根拠等は以下を
     クリックしてご参照ください。

      →本日のトレードの根拠(6/20・6/27)




2/29
  ・日経225連動投信(決済)    10,000円   3口(売り)
                        (+1,917円


  ・エルピーダメモリ(決済)         5円    100株
                        (-35,500円


根拠は以下のとおりです。


2/27

三菱UFJフィナンシャル・グループ

  ・日足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇

  ・週足ボリンジャーバンド+2σ超え

  ・34日平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり

  ・34週平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり



ポンド/円

  ・日足ボリンジャーバンド+2σ超え

  ・週足ボリンジャーバンド+2σ超え

  ・34日平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり




2/29

日経225連動投信

  ・日足ボリンジャーバンド+2σ付近まで上昇

  ・週足ボリンジャーバンド+2σ超え

  ・34日平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり

  ・34週平均線の上方に位置し、ある程度の乖離幅あり



エルピーダメモリ

  ・会社更生法の適用を申請



2/27、29は、上記のトレードが成立しました。


今回のトレードは、エルピーダメモリを除けば、テクニカル
的な基準に基づいた利益確定となっております。

エルピーダメモリに関しては、会社更生法の適用を申請し、
100%減資となるため、完全な損切りです…。

平成21年に改正産業再生法の適用となり、公的資金注入
による国のバックアップを受けていた企業が、会社更生法の
適用となるというのは、いまだに納得がいきません。

一度支援したからには、きちんと再建させなければ注入した
公的支援が無駄になりますので、まさか会社更生法の適用と
なることは想定していませんでした。

政府がなぜこんなジャッジを下したのか非常に興味があり
ます。公的支援が無駄になることの他にも、エルピーダ
メモリの退場でDRAM世界市場において7割以上のシェア
を誇る韓国企業2社による寡占がさらに進んでしまうという
問題もあるのに、なぜ会社更生法の適用を認めたのでしょう
か。

まあ、会社更生法が適用されてしまったからには、その
妥当性についてああだこうだと言っても仕方ない訳ですが、
今回の件からの反省点としては、ファンダメンタルズ的な
観点からトレードしてしまったことだと思います。

ファンダメンタルズに関しては、情報が莫大すぎるので、
全てを十分に分析することは不可能に近い、したがって、
ファンダメンタルズを捨てて、テクニカル的な観点から
分析する、というのが本来の僕の基本姿勢でした。

にもかかわらず、日本唯一のDRAMメーカーであり、
世界的にもトップクラスの技術力を持つこと、公的資金
が注入されていることから、直近の業績を度外視して
投資の対象としてしまったことが今回の敗因でしょう。

やはり、投資対象は、あくまで直近の業績からは破綻の
可能性が限りなく0に近い東証一部上場企業に限る、
というルールを崩してはいけなかったのだと思います。

今回の失敗を活かし、初心に帰ってまた頑張って
いきたいです。


幸いにも損失額は大したことありませんでしたが、
2年半ほど続いていた無敗記録がストップしたのが
非常に悔しいです…・



以上、読んでくださった方、どうもありがとうございました…。



2012年の累計利益(FX)  :17,259円
(現時点における年間収益率 1.31%

2012年の累計利益(日本株式):-21,771円
(現時点における年間収益率  -3.41%

2012年の累計利益(合計)  :-4,512円
(現時点における年間収益率 -0.23%



【参考】2011年の累計利益(FX)  :167,627円
(年間収益率 14.60%)

【参考】2011年の累計利益(日本株式):53,798円
(年間収益率  9.20%)

【参考】2011年の累計利益(合計)  :221,425円
(年間収益率 12.78%)


【参考】2010年の累計利益(FX)  :88,993円
(年間収益率 31.70%)

【参考】2010年の累計利益(日本株式):44,783円
(年間収益率  9.72%)

【参考】2010年の累計利益(合計)  :133,776円
(年間収益率 18.04%)


【参考】2009年の累計利益(FX)  :-122,242円
(年間収益率 -41.71%)

【参考】2009年の累計利益(日本株式): -30,021円
(年間収益率  -7.89%)

【参考】2009年の累計利益(合計)  :-152,263円
(年間収益率 -22.60%)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

応援よろしくお願いいたします!!


皆さんからの応援がブログ運営の励みになるので、よろしければクリックしてください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




FC2 Blog Ranking


ブログ為替レート
FXブログランキング







☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


おすすめキャンペーン


いきなりお金を使ってトレードするのは怖い、という方に
オススメなのは、まずはデモ口座で練習することです。

注文方法の確認や資金管理などについて、ノーリスクで
学ぶことが出来てについてオススメです。
(以下のバナーからデモ口座の開設が可能です)





そして、ある程度トレードの慣れたら以下から本口座を開設できます。
(キャッシュバックキャンペーンもあります!)


コメントの投稿

非公開コメント

FX業者さんのご紹介
◆DMM.COM証券            FX取引高:世界第2位 口座開設数:国内第1位 みんなに愛されているのが決め手!                      ◆SBI FXトレード           米ドル円が0.27銭という前代未聞のスプレッド水準は魅力的!                ◆インヴァスト証券          裁量FX&シストレのいいとこ取りができる『トライオート』が魅力的!                    ◆FXプライム byGMO      最大約12年分のチャートから将来の値動きを予測する『ぱっと見テクニカル』が魅力的!
『SBIFXトレード』のご紹介
FXの口座開設を考えてらっしゃる方にご朗報です! SBI FXトレードさんで口座開設キャンペーンを実施しています。 口座開設者全員へ500円キャッシュバック!!
『トライオート』のご紹介
【トライオートとは?】 裁量FX&シストレのいいとこ取りができるあたらしいFX、それがトライオートです!
おすすめの業者一覧
低コストを実現している業者です。
最新記事
にほんブログ村 為替ブログランキング
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
カテゴリ
プロフィール

★☆ぽにょ☆★

Author:★☆ぽにょ☆★
リーマンショック後の平成21年1月からFXと日本株式のスウィングトレードを始めました。
初めの半年間で大きく負け越したものの、その後は順調に取り返しています。
その後、トラップトレードも取り入れ、年間利益100万円をめざし、日々奮闘しています!!

トレード戦略の概要
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トータル戦略)
スウィングトレード戦略の概要
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(スウィングトレード)
トラップトレード戦略の概要(FX)
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トラップトレード(FX))
トラップトレード戦略の概要(日本株式)
こちらをご覧ください     ⇒ トレード手法の概要(トラップトレード(日本株式))
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。